転職・起業事例10/第二の天職、福祉の仕事へ

af9920069091l[1]

鎌田敦は、大学の法学部を卒業して大手メーカーに就職。総務畑、企画畑、営業畑を歩き、部長を務めた後、五五歳で関係会社の役員として出向した。

ここまでは、比較的恵まれた同年輩の歩むコースと何ら変わらない。

鎌田白身、六五歳くらいまでは出向先の会社に勤務できるものと思っていた。が、五九歳のとき、関係会社の役員改選時に再任されないことを告げられた。

本体である親会社のスリム化のため、親会社から後任が送り込まれることになったためだ。

親会社の人事部から、新しい出向先を捜しますからと言われ、複雑な気持ちになったことを今も時折、思い出す。

その後、いくつか出向の話がきた。その中に、ある福祉関係の団体の事務長職があった。病気で身体の一部の機能を失った方の機能回復訓練を行う団体である。

事務長といっても事務員は二人だけで、機能回復訓練の会場設営、運営の世話から、会員登録事務、会費の管理、役所への報告事務など雑用も含めすべてやらなければならない。

また機能回復訓練は毎週土曜日にも行われ、休日も、これまでよりかなり少なくなる。福祉関係のボランティア的な団体であることから、給与も低く、厚生年金と企業年金を併用してなんとかやっていける程度のものであった。

しかし、今までのしがらみがない点、かえって割り切れるのではないかという考えと、福祉関係で人の役に立てるところに魅力を感じ、鎌田は出向を決心した。

人事部の出向業務担当の赤坂武生に案内されて面接に行き、機能回復訓練の現場も見学した。病気を克服し、失った機能を回復させたいと願う人々の懸命な姿に圧倒された鎌田は、これはいい加減な気持ちでは勤まらないと思った。

ここまで踏み出した以上やるしかない、と決意を圃めた。

事務長の仕事は実務も多く、肉体的にもきついものだった。それまでさわったこともなかったパソコンも打たなければならないし、経理の帳簿つけも自分でやらなければならない。

そんな彼を、夫人は陰になり日向になり励まし、協力してくれた。

機能回復訓練に来る人も、サラリーマン、医師、弁護士、自営業者などさまざまで、それまでの会社勤めでは接する機会のなかった人たちとの付き合いも楽しく感じられるようになった。

また、彼らの真摯な姿にも励まされた。

彼は今、かつての会社での競争的で追い立てられるような日々を離れ、妻と2人の心穏やかな生活をしみじみと味わっている。

今は、現在のこの仕事を第2の転職として日々忙しく動きまわっている。

現役転職コンサルタント


Related Posts



Comments are closed.