転職・起業事例15/糖尿病対策から趣味になったウォーキング(2)

af9920069091l[1]

鈴木がウォーキングをはじめたのは10年前。それまでの暴飲暴食がたたり、糖尿病を患ってからのことだ。

体重は肥満度30%を優に越えていた。“休肝日”が週に一日もなしという生活では仕方がない。

彼は会社の健康診断の際、夫人を伴って病院に行くように言われた。そこで主治医から投薬、ダイエット療法および運動療法を言い渡された。

食事は一日1,800Kcal以内、運動は一日一万歩以上の歩行を実践するようにとの指導を受けた。

彼は30歳のとき、大病を患って九死に一生を得た経験がある。ゆえに医師の言うことには従順で、真面目に治療に専念した。その結果20キロの減量に成功し、10年たった今では標準体重にまで下がっている。

鈴木は目標を倍にして、一日二万歩計画を立てた。そうすれば、少なくとも「一万歩/日」は楽に達成できると考えたのだ。

まず朝食前に一時間のウォーキングを日課とした。一時間歩けば7,000歩以上になる。それから通勤に片道5,000歩のコースを設定した。

私鉄を一駅および地下鉄を二駅歩くことで5,000歩稼ぐことができる。

その頃、彼は営業で外回りをしていたので、タクシーはできるだけ使わず、もっぱら歩くことに専念した。こうすることで、目標の「二万歩/日」は着実に実行することができた。

ちょうどその頃、勤務先の人事部と労働組合が共催で「歩こうキャンペーン」が開催され、歩くことに自信がついた鈴木も、これに参加した。

一日の歩数を毎日カードに記入し、六ヵ月の合計歩数を競うものだ。

負けず嫌いの彼は、さらに一層ウォーキングに熱中した。朝食前のウォーキングも、夜が明けたらスタートし、夏場などは二時間以上も歩いた。大会前最後の一ヵ月の追い込みには、8キロ以上ある会社まで毎日徒歩で出社し、同僚たちを驚かせた。

その結果、六ヵ月間の合計は430万歩にも上り、距離にして3,000キロに達した。

成績は、参加者400人中二位だった。上には上がいるものである。

糖尿病の運動治療のためにはじめたウォーキングも、こうなれば趣味のようなもので、彼の生活の中では欠かせないものとなった。

鈴木には夢がある。それは定年後、琵琶湖一周を踏破することだ。

距離にして200キロ、踏破には一週間くらいかかるだろう。それから四国八十八ヵ所めぐり。これは1,400キロ以上あるので、何日かかるものやら。

そして東海道五十三次もと、彼のウォーキングの夢は広がる一方だ。

(続く)

現役転職コンサルタント

>>>e-board.jp


Related Posts



Comments are closed.