転職・起業事例17/多彩な趣味が毎日を楽しくさせてくれる(1)

af9920069091l[1]

森田聡史は67歳。在職中から培った趣味の領域で充実した毎日を送っている。

彼は東北地区にあるメーカー、株式会社白浜製作所の工場に35年間勤務し、定年退職した。

在職中、前半は工場の新設改造・補修工事の契約や資材の購買業務などを担当し、後半は社員の福利厚生関係の業務に携わった。

もともと文化、芸術関係に造詣が深く、工場の厚生係長として体育文化活動には自らも積極的に参加していた。

特に絵画は、30歳頃から絵の先生について本格的に勉強をはじめた。

当時は従業員の福利厚生の一環として、会社も体育文化活動を強く奨励していたので、同好の士を集めて絵画部を結成し、その中心として活躍した。

さらに、陶芸がブームになった頃には陶芸部をつくり、東北地方で陶芸の盛んな地を訪問して見聞を広め、手探りで活動をはじめた。

自らも部員として活動し、その作品を工場内の文化祭に出展したり、秀作を社員に譲ったりした。

その後次第に部員も増え、活動は森田が退職をした現在も続いている。

さらに彼は音楽の趣味も持ち、ピアノ、エレクトーン、ギター、トランペット、トロンボーン等々、多彩な楽器を操る。

森田の会社は野球が強く、実業団の大会では強豪チームと言われていた。そこで持ち前の音楽センスを生かし、応援には欠かせないブラスバンド班を指揮して雰囲気を盛り上げるのにも一役買っていた。

(続く)

現役転職コンサルタント

>>>e-board.jp


Related Posts



Comments are closed.