転職・起業事例4/72歳で現役コンサルタントとして活躍

af9920069091l[1]

外房の海岸から朝日を眺めるたびに、山口治は、自分の歩いてきた人生に悔いはないと思う。九十九里に別荘を建ててはや一五年が経った。毎年正月と夏休みには、最愛の妻とパグ大の親子二匹との生活を楽しんでいる。近くに畑を借りてスイカ、ピーナツその他いろいろな野菜をつくり、自給自足の生活を営む。

山口は中字竿業後、化学会社に入社。従業員のランクでは一番格下の「雇員」からスタートした。

農家の四男として生まれ、中学卒業と同時にサラリーマンの道を歩まざるを得なかった山口だが、そのすぐれた知能は入社後すぐに発揮されるところとなった。

この化学会社はもともと、従業員の処遇では初任格付けこそ学歴を基準にしていたが、入社後は、各人の能力と実績で昇進する制度を持っていた。彼はその制度の存在を知ると、猛然と勉強をはじめた。雇員から社員への登用試験にはじまり、社員の昇進制度を全てクリアし、50歳前後には大学卒業並みの処遇を受けるようになっていた。

常に人事・勤労分野の仕事に従事し、その道の第一人者となり、定年前にはそのキャリアを買われて子会社の社長になり、その会社の経営理念を確立したのち、六四歳で勇退した。

勇退後も現役時代のキャリアを買われ、経営コンサルタントとして活躍し、多数の会社の人事・賃金処遇制度の見直し、退職金制度の改訂等を実施して、七二歳になる現在も現役時代と変わらない頑張りを見せる。山口の年齢や過去の病歴を知る同僚・後輩たちは、その健康面を心配するほどの活躍ぶりだ。

入社後間もなく肺結核で左の肺を摘出し、若くして片肺というハンディを背負うことになった。入院治療に専念する本人を励ました当時の看護婦が、現夫人である。2人の子どももすでに独立し、長女の孫との食事会が楽しみの一つだ。さらには、現役時代の人間関係・人脈をペースに組織された「ハイキングの会」の会長として、今でもOB・現役に対して強烈なりーダーシップを発揮している。

「ハイキングの会」も皆勤、次回の「上高地」を楽しみにしている。

そんな山口が11年前、突然、現役・OBだちとの連絡を絶った。夫人に尋ねても要領を得なかったが、ちょうど冬場で、ハイキングの会が開催されない時期だったため、会のメンバーもさほど気にはしなかったという。

ところが後目、山口本人から事情を聞いて、みんな驚いた。なんとガンの手術を受けていたというのだ。七〇歳での開腹手術、しかも胃の三分の一を切除したというではないか。そのうえ、OB・現役ばかりか、なんと夫人まで、ガンとは知らなかったというからますます驚きだ。知っていたのは山口本人だけだった。

家族にさえ知らせず一人で手術を決めたのは、「全て最善を尽くした。自分の人生に思い残すことはない」という心境からだったのだろうか。

後日談がある。山口は、現役時代に導入した「ガン保険」に自らも一口加入していた。その保険給付金が大きく、70歳を過ぎていたため、老人保健法の適用で個人負担は少なく、山口はその差額の一部を先述の「ハイキングの会」へ寄付したのだ。会のメンバーは大病を患ったことも知らされず、見舞いにも行っていないのにと複雑な思いに駆られた。

八月半ば過ぎて、化学会社の人事部に山口から電話が入った。山口の勤労、労務時代の後輩で「ハイキングの会」の幹事役をやっている宮島に、千葉の別荘でとれたスイカを持ってきたので近くの駅まで受けとりに来てほしいとのこと。実はこのスイカ、毎年恒例となっており、今年はなんと特大が二個。千葉から東京まで、さぞ重かったのではないだろうか。

ご相伴を授かる人事部の連中はみんな大喜びだ。七二歳になって完全に元気を取り戻した彼の最近の心配事は、愛犬パグの母親「愛ちゃん」の目が見えなくなったことだ。散歩につれていっても、田圃に落ちて泥んこになることもしばしば。

OB・現役の心配をよそに、山口氏はますます元気だ。

現役転職コンサルタント


Related Posts



Comments are closed.