転職・起業事例7/出会いが人生を変えた

af9920069091l[1]

小堺俊晴は50歳、大手メーカーY社に勤める会社員だ。

ある日、会社の人事部から、社団法人ビューティフルエージング協会が行っている「人生設計アドバイザー」の講習会の受講を薦められ、参加した。

講習会の内容は中高年を対象としたもので、人生80年時代をよりビユーティフルに生きるために、定年後を含めての生涯の健康、経済生活、生きがいについて情報提供し、考えるといった内容であった。

健康については、中高年のかかりやすい生活習慣病や、メンタルヘルスについての講話。

経済生活については、定年後の年金、雇用保険などの収入と生涯必要生計費とのバランス設計、生きがいについては、定年後の職業、家族関係や趣味、地域との関わり、ボランティア活動などが研修の主要テーマだった。

これまで中堅管理職のいわゆる会社人間として、それこそ家庭も顧みず仕事一筋で突っ走ってきた小堺にとって、講習会の内容はとても新鮮で、刺激的で、文字通りビューティフルなものだった。

とりわけ50歳という年齢になって、定年後を含めた自分の職業生活を、自分としてはほとんど何も考えていなかったこと、通用する自分の職業の専門といえるものを身につけてきていないこと、などを思い知らされた。

また生涯経済生活において、講義の中で行ったコンピュータによるシミュレーションでは家計が赤字になること、家族との関係を積極的に考えていなかったことなどを改めて認識した。

小堺は、経済環境や雇用環境の変化の中で、中高年の管理職の先輩たちが、出向・転籍・リストラに脅えながら必ずしも意に沿った境遇で什事をしていない姿や、不平不満を抱えながら従事している姿などを多く目の当たりにして、できれば自分は、定年後は自分なりに納得のいく仕事をしたい、また充実した家庭生活を送りたいと願うようになった。

小堺は、もう少し早い時期にこうしたことに気づき、自分なりに若いうちから勉強し、準備をしておくべきだったと大いに後悔した。

しかし、今からでも遅くはないと、講習会で一緒だった人が薦めていた「産業カウンセラー」の勉強をはじめた。

対人関係の多い現在の仕事に役立つと思ったこともあるが、それ以外に妻や子供たちとの家族関係の改善に役立つかもしれないと思ったからである。

当時、彼の子供は中学一年で、学校の先生から「いじめにあっているようだ」と聞いていたし、一方で非行のはしりのような行動も見られた。子供たちとのコミュニケーションは、必ずしも十分なものでなく、表面的ですれ違いも感じていた。

氏は、隔週土曜日の講座に10ヵ月ほど通い、「初級産業カウンセラー」の試験にも合格した。一緒に勉強した会社外の友人を得たことも大きな収穫だった。

現在は、将来の仕事のために何か自分の専門といえるものを身につけたいと、「社会保険労務士」の資格にチャレンジしている。

それまで会社で人事関係の業務に長く従事していたので取り組みやすく、また、やりようによっては自分で開業できるとも聞いたからである。

毎週日曜日に、資格取得のための学校に通っている。仕事の傍ら勉強するのはたいへんで、若い頃と違って体力、記憶力にも衰えを感じるが、小堺は今改めて学ぶことの楽しさを感じている。

そしていつの日か「リストラなんて恐くない」、そんな自分になりたいと思っている。

現役転職コンサルタント


Related Posts



Comments are closed.