転職・起業事例13/故郷の会社に自分の出番があった

af9920069091l[1]

「こんど古田さんが三重事業所の所長になられました」

今年の五月、出向を仲介してくれた人材斡旋会社の担当者から、出向者フォロー担当の浜崎豪介に、このような連絡が入った。

古田康則は五七歳。化学工場の生産管理、エンジニアリング会社で国内外の化学プラントの建設、樹脂加工メーカーでの工場管理、化学プラントの生産管理人や合理化検討業務を担当するなど様々な仕事に従事してきた。

1年前にスーパーの値札や金具を加工する現在の田辺製作所へ出向したが、今回の昇格は、まさに賢例のスピード昇格といえる。

同社は、現会長の田辺陽之助が一代で築き上げたもので、苫節40年、年商50億円、従業員数100名、三年前に池袋に本社ビルを構えるまでの規模に成長した。

田辺会長は高齢ながら、まだ陣頭指揮を執っているが、後継者問題では悩みが多いようだ。娘婿が有力後継候補といわれているが、会長の合格点はまだ出ていないらしい。

会長は、これからの経営は集団指導体制しかないと考えているようで、外部から人材を受け入れている。古田もその1人である。

「人が少ないから、責任のある仕事を任せられる。実績を出せばどんどん重用されるが、反面、結果次第で簡単に降格されることもあるので油断は禁物だよ」、古田は会社の雰囲気をこう語る。

彼を知る人は、「たいへん融通のきく人。逞しいし、人柄もいいし、上司にすればいつまでも近くに置いておきたい人間だよ」と評する。

前職でもつい引き留められ、そのせいか、55歳になってからやっと出向の話が出て、ほどなく郷里三重県に新職場を確保した。

いろいろな仕事を経験してきたこともあって、発想の采軟性と実行力が彼のセールスポイントで、課長という立場で常務取締役事業所長(会長の娘婿)を助け、生産・品質・労務管理や将来計画の立案等に力を発揮してきた。

また、この事業所で実施した業務効率化の内容を全社幹部会議で発表し、それが全社コスト削減運動の標準モデルとして採用されたこともあり、一気に評価を上げた。

こうした努力が会長に認められ、冒頭の昇格人事となった。

厳しい経済環境の中、スーパー等流通業界も設備投資が抑えられ、業績もなかなか上がらないが、東京本社での幹部会議に出席する機会は確実に増えている。

本人は、「今の会社には私のような、種類の異なる仕事を経験してきた人がいないので、私にも出番があるんですよ」と謙遜しているが、仕事熱心で許容力のある人柄は、さらなる活躍を予感させるものがある。

鈴鹿山系の麓にある勤務先までは、古田の実家から約1時間で通える。茨城県での単身生活が長かった彼にとって、毎朝、妻に見送られての出勤は、この上なく心地よいことのようだ。

休日、古田は夫人と京都や奈良までドライブする。足場のいいところで、いずれも1時間半くらいで行くことができる。鈴鹿山系の四季の移り変わりを楽しみ、京都、奈良、伊勢等名所旧跡を夫人と一括に訪ねる。

また、故郷の仲間が古田の帰郷を喜び、飲みかつ語りあう。ときにはゴルフもし、故郷での生活をエンジョイしている。

長かった単身生活が余計にこうした時問の大切さを教えてくれ、これが彼の明日への活力になっている。

現役転職コンサルタント


転職・起業事例12/定年を目前に知らない地で頑張る

af9920069091l[1]

郡司政人は五八歳。目下、出向先の電器メーカーCエレクトロニクス社に単身赴任し頑張っている。

郡司は、東京の大学を卒業、三五年前に京浜地区にあるメーカーに入社した。専門は工業化学で、入社と同時に合成樹脂の研究所に配属され、それ以来ずっと合成樹脂の加工研究とユーザーに対する技術サービスに携わってきた。

この間、海外出張を数回経験するとともに、海外文献の調査や特許情報の検索などを通じて、英文、英会話にも接する機会が多かった。

五五歳の管理職定年を目前に控え、郡司もこれまでの専門から言えば合成樹脂の加工メーカーに進むのが自然だなあと思うようになっていた。

そんなある日、研究所で付き合いのあるコンサルタントの荒川匡がこんな話を持ってきてくれた。

「電器メーカーのCエレクトロニクス社で樹脂のわかる人を探している。R&Dセンターの技術顧問、勤務地は東北の小さな町」というものだった。一口で樹脂といっても範囲が極めて広く、郡司は、自分が携わってきたのはその中の合成樹脂、その中でさらにポリエチレンとポリプロピレンという汎用樹脂であり、電器メーカーで部品に使うエンジニアリングプラスチック(機械、装置などの部品やハウジング類のような工業的分野で、強度、耐熱性等の特長を生かして金属の代わりに使用されるプラスチックの総称)は扱ったことがないことに不安を感じた。

さらに、勤務地が東北地方ということになれば、共稼ぎをしている妻を京浜地区に残して単身で赴任しなければならない。単身赴任の経験はなかったので、これも不安のひとつだった。

郡司は荒川からこの出向話を聞いた目の週末、夫人と二人、車でその会社の立地する土地を訪れてみた。遠くに鳥海山を望み、山野の木々は赤や黄色に変わり、真っ赤なりんごが枝もたわわになっている風景。

頬をなでる風や畑の真ん中を流れる清流も、京浜地区に長く勤務している郡司にとっては、とても新鮮に感じられた。

彼は子供時代に一時期、東北地方に疎開していたことがある。山歩きが好きで、ときどきこのような風景に触れることもあり、「こんな所もいいな」、そんな気持ちが心の中にあった。彼は面接に行くことを決めた。人事担当者と一緒にその会社を訪問し、什事の内容を聞き、共に仕事をする仲間たちを紹介され、入社を決意した。

入社してからの郡司は、技術顧問の肩書きをもらった。電器部品に使う樹脂については、郡司が今まで扱ってきた合成樹脂だけでなく、あらゆる樹脂について何でも知っているものと思われて質問される。

だから今までよりも樹脂全般についての知見は増えた。

自分に期待されていることはきちんと果たしたいと思い、学習に励んでいる。苦しいときには自分が所属していた出向元の同僚が、資料や情報提供の面でバックアップしてくれるので心づよい。

慣れない単身赴任もようやくペースをつかむことができたようだ。

出向先の会社に積極的に飛び込んでいって、自分の居場所をつかみ取った郡司。これからが正念場だ。

現役転職コンサルタント


転職・起業事例11/気持ちを切り替え異業種・異分野に飛び込め!

af9920069091l[1]

林良彦は五八歳。転籍先の大学事務局で学生を相手に活躍している。

彼は東北地区の大学を卒業し、三五年前に同地区のあるメーカーに入社。以来ずっと本社、工場の人事畑が長く、採用、退職、人事、教育、労務とすべてにわたって経験し、本社の課長も務めた。

特に、工場での教育および労務担当時代には現場で働く若于の製造員から第一線の監督者クラスまでを相手に、仕事のこと、人生のこと、いろいろな相談にのっていた。

その後、開発部門に異動。そこでは海外で投資・展開している関係会社に対する管理業務を担当した。実は学生時代に英会話のサークルに所属しており、その頃から英会話には強く、海外業務担当は適任だった。開発部門にはおよそ10年間籍を置いたが、その間、副部長にも昇格し、数回の海外出張、あるいは海外の関係会社からの来社などで英会話の腕を磨くチャンスに恵まれた。

会社の制度では管理職定年を迎えた人は、関係会社よりも、資本も取り引きもない一般会社への転出が多くなってきた。

林も、一般会社で苦労するよりも、できれば関係会社に再就職したいと考えたが、残念ながら空きポストがなかった。

いよいよ管理職定年が目前に迫ったとき、人事部の出向・再就職先開拓の担当者藤塚亮介から、あるミッション系スクールで国際関係をメインに教育する大学が事務職員を募集しているので、応募してみないかと言われた。

大学には、別に、総合学部を擁する親大学や付属の高等学校があり、そちらはうまく運営されているが、この大学は開設後間もないためにいろいろな面でまだ体制が整備されていないという。また、国際関係をメインとするため、外国人の先生や海外留学生か多く、事務局にも彼らとコミュニケーションのとれる人が求められていた。

今回の求人は、そのような必要から出てきたものだ。林は、人事部門の経験で労働法を中心とする各種の法律、規則、社内規程等に馴染んでいたほか、英会話力もあり、海外からの先生や学生にも意思疎通ができ、人柄も明るく協調性もあるため、大学の要望にうまく合致し、採用が決まった。

実際に、現場に入って事務処理を見てみると、新設時に官庁に提出すべき届出で、数年経ってもまだ提出されていないものがいくつかあった。また、新設校ゆえに先輩が少なく、就職活動も十分とはいかない。そこで彼は、人事部門にいた経験を生かし自ら学生のための求職活動を行ったり、面接の受け方を敦えたりしていた。

企業で積み重ねてきたこれまでの経験が、大学という異業種の場で大いに役立っていること、また、若い人を育てることの喜びなど、本人は大変やりがいを感じている。

そんな彼に、大学側から転籍してほしいとの申し出があり、この新しい仕事に賭けてみようと転籍を決断した。新設校に通勤するには、仙台の自宅から二時間以上かかることから、転籍と同時に思い切って自宅を処分し、その大学の近くに住まいを買い求めて家族で移転した。

前述のとおり、林は当初、管理職定年後も永年勤めてきた会社の関係会社に勤務したいと思っていた人物だ。しかし空きポストがないこと、また、周りの先輩を見ると次第に一般会社への出向や転籍が増えていることなどもあり、それならいっそのこと、見ず知らずの所で今までの知識と経験を生かしてみようと、気持ちを切り替えて転籍を選んだことが成功につながったのである。

現役転職コンサルタント